NEWS

新着情報
  • HOME
  • 新着情報
  • 法関連情報

2024.04.09

一般建設業許可更新完了です

エスジー株式会社で所持しております許可証の一つ、

東京都の一般建設業許可の更新手続きが無事完了しました。

弊社では、法律・条例に基づき、適正な許可申請・更新を行っております。

産業廃棄物の処分・運搬は、安心してシオガイグループにお任せください!

2024.04.01

一般廃許可(破砕)更新完了しました

シオガイグループで所持しております許可証の一つ、

筑西市の一般廃棄物処理業許可(破砕)更新の認可が下りました。

弊社では、法律・条例に基づき、適正な許可申請・更新を行っております。

産業廃棄物の処分・運搬は、安心してシオガイグループにお任せください!

2024.03.26

再生資源物の屋外保管に関する条例について<茨城県>

令和6年4月1日に施行されます 茨城県のヤード規制条例、

都道府県では千葉県に次いで 全国2例目となります。

 

茨城県によると、「ヤード」は県内におよそ180か所確認され、火災が相次ぎ

スクラップの崩落が懸念されているほか、出入りする車両の騒音などをめぐって

近隣とのトラブルも起きているそうです。

条例では敷地面積が100平方メートルを超えるヤードを設置しようとする時は

知事の許可を得ること、保管の状況を外側から確認できる囲いの設置が求められています。

 

弊社では茨城県に拠点が2か所あります。

つくば工場は産業廃棄物の処理工場なのでクリアしていますが

取手工場は産廃の取り扱いがないため対象事業所となります。

県の廃棄物規制課と一つ一つ確認したうえで対応していきます。

お取引先様にもご協力をお願いすることがあるかもしれません。

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

2024.02.19

産廃処理施設(破砕)設置許可完了です

シオガイグループで所持しております許可証の一つ、

千葉県の産廃処理施設(破砕)設置許可の認可が下りました。

弊社では、法律・条例に基づき、適正な許可申請・更新を行っております。

産業廃棄物の処分・運搬は、安心してシオガイグループにお任せください!

2024.02.01

再生資源物の屋外保管に関する条例について<さいたま市>

再生資源物の屋外保管に関する条例について、

千葉県千葉市に続きまして、埼玉県さいたま市でも12月の定例会にて可決されました。

施行日は令和621日です。

 

条例の内容としまして、

・再生資源物を屋外保管する事業場を5年更新の許可制とする。

・消防車が入りやすいよう幅4メートル以上の公道に接続するなどの立地基準や、

帳簿の保存義務などを定める方針。

・周辺住民への説明会開催や、事業場の周囲に壁を設けることも明記する。

・違反した場合の罰則も設ける。

と先に千葉市、千葉県、袖ケ浦市で制定された条例と同様の物となっております。

 

シオガイグループは、八潮市、久喜市、加須市の3カ所にヤードを保有しております。

どのヤードも法令に遵守したヤード保管・操業を行い、

受け入れた産業廃棄物・鉄スクラップの適正処理を実施していきます。

 

埼玉県庁・業界HPより引用

2024.01.30

再生資源物の屋外保管に関する条例について<千葉県>

再生資源物の屋外保管に関する条例について、

千葉市に続きまして、千葉県でも令和5年1011日に可決されました。

施行日:令和641

 

条例のポイント

・新規設置の許可申請前に住民説明会を開催すること

・崩落や火災を防ぐため、保管物の高さなどの基準を守ること

・ヤードの現場責任者を設置すること

・保管基準を守る義務に違反した場合には変更命令、

 安全に支障が生じている場合には措置命令を出す

・県が定期的に立ち入り検査を行う

・無許可での営業、命令に違反した場合は1年以下の懲役または100万円以下の罰金

・届け出の義務に違反した場合は30万円以下の罰金

・既存の事業者には規定にあわせるまで1年間の経過措置を設け許可の取得を求める

 

施行規則につきましては、

1115日~1215日までの間にパブリックコメントを実施されました。

 

シオガイグループでは、今後も法令に遵守したヤード保管・操業を行い、

受け入れた産業廃棄物・鉄スクラップの適正処理を実施していきます。

 

千葉県庁・業界HPより引用

2023.12.05

アルコール検知器を用いた酒気帯び確認の義務化について

2023年(令和5年)121日よりアルコールチェック義務化が開始されました。

元々は貨物運送事業や旅客運送事業など緑ナンバーの事業者が対象でしたが、

この度白ナンバーの事業者にも適用拡大されました。

そのため各営業所は、

・アルコール検知器の常備。遠方勤務の場合は、携帯型アルコール検知器を携行。

・安全運転管理者・副安全運転管理者を選任する。

・アルコールチェックの記録の作成・保管体制を整備する。

となりました。

 

シオガイグループでは、法律・条例に基づき、

適正な許可申請・更新手続きを行っております。

総合解体から産業廃棄物の運搬・処分までのワンストップサービス。

窓口一つで安心してお任せください!

2023.12.01

建設業許可更新の時期です

エスジー株式会社で所持しております許可証の一つ、

東京都の一般建設業許可の更新時期が近づいておりますので、

現在、更新に向けての準備を進めています。

今月後半に申請予定です。

 

シオガイグループでは、法律・条例に基づき、

適正な許可申請・更新手続きを行っております。

総合解体から産業廃棄物の運搬・処分までのワンストップサービス。

窓口一つで安心してお任せください!

2023.10.24

収集運搬許可更新完了です

クリーンテックシオガイ株式会社で所持しております許可証の一つ、

鹿沼市の一般廃棄物収集運搬許可の更新手続きが無事完了しました。

弊社では、法律・条例に基づき、適正な許可申請・更新を行っております。

産業廃棄物の処分・運搬は、安心してシオガイグループにお任せください!

2023.10.17

再生資源物の屋外保管に関する条例について 自治体・業界の動き

千葉市で制定・施行されました再生資源物の屋外保管に関する条例について、

関東圏内の各自治体でも動きが出てきました。

 

千葉県:袖ケ浦市でも今年の41日より施行。千葉県としても県条例として制定・

    施行される可能性が高い。

茨城県:現在、千葉県から流れてきた海外系ヤードの設置が目立って来ている。

    それに伴い、県条例として制定するか意見を募集中。

    恐らくは制定・施行される見通し。

埼玉県:同様の課題はあるが、条例としてではなく全国一律の規制制度を設けるよう

    国に働きかける。

 

リサイクル業界の動き

日本鉄リサイクル工業会で法令に反した保管・操業を行う鉄スクラップヤードを

不適正ヤードと定義する。

法令に反した不適正ヤードから出荷される鉄スクラップを受け入れしない事で、

サプライチェーン全体での法令遵守を強化する動きです。

特別委員会として適正ヤード推進委員会を新設され、今後の取り組みに向けた

議論が開始されています。

 

シオガイグループでは、法令に遵守したヤード保管・操業を行い、

受け入れた産業廃棄物・鉄スクラップの適正処理を実施しております。

 

各県庁・業界HPより引用

2023.10.03

大気汚染防止法の一部改正について(アスベストの事前調査が義務化)

令和2年6月5日に大気汚染防止法の一部を改正する法律が公布され、

建築物等の解体等工事における石綿飛散防止対策が、令和3年4月から段階的に施行

されています。

 

今年の101日から施行される「有資格者によるアスベストの事前調査が義務化」により、

建築物(建築設備を含む)の解体・改修工事を行う際は、資格者等による

事前調査(設計図書等の書面調査、現地での目視調査)の実施が義務付けられます。

 

事前調査を行うことができる調査者には、

特定調査者】【一般調査者】【一戸建て等調査者があり、

令和5年9月30日以前に「日本アスベスト調査診断協会」に登録され、

事前調査を行う時点においても引き続き登録されている者となります。

環境省・厚生労働省HPより引用

 

シオガイグループでは、建物解体された廃材を受け入れる際、

契約の段階と工場で受け入れる際にアスベスト使用の有無の確認し、

付着している事が確認された場合は、受け入れを停止する等、

産業廃棄物中間処分業者として適切な処理を行っております。

2023.09.25

インボイス対応について

2023年10月1日より、いよいよインボイス制度が始まります。

弊社の取り組みとして、以下の事をより強化して徹底いたします。

 1.全てのお取引先様のインボイス登録番号 有無を確認させていただきます。

 2.インボイス登録番号のないお取引先様は価格のご相談をさせていただく場合がございます。

 3.新規のお取引先様には、登録票の記入をお願いします。

 4.現金でお支払いする場合、受け取りになる方の身分証明書を確認させていただきます。

なお、古物営業(再生資源・スクラップ業)の特例措置につきまして

弊社の古物商の登録番号は拠点・設備ページに記載しております。

 

2023.09.01

収集運搬許可更新の時期です

クリーンテックシオガイ株式会社で所持しております許可証の一つ、

鹿沼市の一般廃棄物収集運搬許可の更新が近づいておりますので、

先日更新手続きを始めました。

 

弊社では、法律・条例に基づき、適正な許可申請・更新を行っております。

産業廃棄物の処分・運搬は、安心してシオガイグループにお任せください!

2023.08.08

金属くず商・金属くず行商について(茨城県Ver.)

「茨城県金属くず取扱業に関する条例」(昭和32年茨城県条例第3号)により、

茨城県内において金属くずの売買、交換その他の取扱を業とする者は、許可申請(届出)する必要があります。

 

金属くずとは、金属類であって、次の①②に該当しない物を指します。

①当該物品の本来の使用目的に供するため、売買し、交換し、又は使用されたことのない物

②古物営業法第2条第1項に規定する古物

 

金属くず商とは

営業所を設けて、金属くずを売買・交換し、又は委託を受けて売買・交換することを業とする者で、茨城県公安委員会の許可を受けたものをいいます。

 

金属くず行商とは

戸々にのぞんで行う金属くずの売買・交換、又は委託による売買・交換を業とする者で、茨城県公安委員会に届出をしたもので、会社法人の場合ドライバー担当者が該当します。

 

茨城県で、鉄スクラップを生業にする場合、上記2種の許可を取らないと罰則を受ける事になります。

特に金属くず行商の場合ドライバー個人に取得義務(3年更新)がある事を知らない業者様が多いと思います。

一度、自社の許可一覧を見直してみてはいかがでしょうか?

 

茨城県警HPより引用

2023.06.20

デジタル原則を踏まえた廃棄物の処理及び清掃に関する法律等の 適用に係る解釈の明確化等について

「デジタル原則に照らした規制の一括見直しプラン」及び「デジタル社会の実現に向けた重点計画」により、

代表的なアナログ規制7項目(目視規制、定期検査・点検規制、実地監査規制、常駐・専任規制、書面掲示規制、対面講習規制、往訪閲覧・縦覧規制)に関する

規制等の見直しが求められ、同法の趣旨に則っているのであればデジタル技術を活用することも可能である解釈に改訂されました。

 

改訂後には、

排出事業者の処理状況をデジタル技術(電磁的記録やオンライン会議システム等の情報通信機器)の活用等により管理体制の質疑応答や、当該施設の検査方法としてドローン映像により施設の構造等を確認状況を確認することが可能になります。

さらに、許可の申請等においては、電子メール等を利用した書類の提出の活用が推奨されているほか、廃棄物処理施設の設置許可の申請があった際に都道府県知事等が行う書類の縦覧等について、デジタル化を基本とすることとされています。

環境省HPより引用

2023.05.30

総務大臣による認定タイムスタンプへの切り替えについて

「地方税法」「関税法」又は、

「電子計算機を使用して作成する国税関係帳簿書類の保存方法等の特例に関する法律」

に基づく税関係書類等のスキャナ保存に関するタイムスタンプの付与について。

 

今年(2023年)の729日の完全移行までは、

総務大臣が認定する業務に係るタイムスタンプの付与

に加え、

一般財団法人日本データ通信協会が認定する業務に係るタイムスタンプの付与

も経過措置として認められております。

 

現在、各企業で切り替え作業が進められております。

 

タイムスタンプとは、

ある時刻にその電子データが存在していたことと、それ以降改ざんされていないこと

を証明する技術。

 

電子署名タイムスタンプを付与することで

「いつ・誰がその文書に同意したのか」

とその後改ざんがされていないことを立証しております。

2023.05.23

千葉市再生資源物の屋外保管に関する条例

千葉市では市民生活の安全の確保及び生活環境の保全を図ることを目的として

「再生資源物の屋外保管に関する条例」が制定・施行されました。

新規事業者・既存事業者 共に有効期間は5となります。

 

 

①既存事業者の場合

この条例の施行日時点で、千葉市内に 100 ㎡より広い再生資源物の屋外保管事業場を設置

している事業者は、届出に基づき全ての保管基準への適合を確認した上でみなし許可

となります。

更新制になりますので、事業場の設置を継続したい場合は、新規許可と同様にこの届出を

行うことが求められます。

 

②新規事業者の場合

  100 ㎡を超える屋外保管場所を設置しようとする場合、屋外保管場所ごとに千葉市長の

許可を受けなければいけません。

 

 

なお、許可を取得せず屋外保管事業場を設置・使用した場合、無許可の設置となり、

罰則【1年以下の懲役又は100万円以下の罰金の対象となる可能性があります。

2023.05.16

消費税法の改正【インボイス制度の導入】について

消費税法の一部を改正する法律をご存じですか。

 

2023101日施行予定の改正消費税法により、インボイス(適格請求書)制度が新たに導入されます。

 

 

インボイス制度とは

商品に課税された消費税率や消費税額など、法令が定めた内容を明記した書面(インボイス)を交付する制度です。

 

 

インボイス制度は、201910月の消費税率の引き上げに伴う軽減税率( 10%・8%)により

税率が混在する状況になった事から検討された制度になり、

正しく消費税の納税額を算出するのにどの商品にどちらの税率が適用されているか

を明確にする必要が出てきます。インボイスはそのために発行されます。

 

 

弊社もインボイス対応により皆様にご不便おかけしてしまうこともあるかと思いますが

何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

 

 

インボイスを交付するためには、事前に、税務署にインボイス発行事業者の登録申請書を

 提出し適格請求書発行事業者として登録を受ける必要があります。

2023.04.18

労働基準法の改正【中小企業の割増賃金率の引き上げ】について

労働基準法の一部を改正する法律をご存じですか。

 

大企業は2010年(平成22年)41日の法改正により、法律が適用されておりましたが、

中小企業は、その適用が猶予されておりました。

そちらが2023年(令和05年)41日以降、会社の業種・規模・従業員数等関係なく

同じ割増率が適用されることとなりました。

 

1ヵ月60時間を超える法定時間外労働に対する割増率が、

 25%以上(現行) ➡ 50%以上

に引き上げられます。

 

法定時間外労働の上限は、原則として1か月あたり45時間までとされています。

  1か月45時間を超える法定時間外労働が認められる為には、事前に会社と従業員間で

 特別条項付きの36協定を締結する必要があります。

2023.02.13

環境省『不法投棄等の支障除去等事業に対する財政支援』

廃棄物の適正処理は、排出事業者に課された責任であり、良好な生活環境の保全や、地域循環共生圏の構築にも資するものです。

不法投棄の未然防止のために、国及び都道府県等では規制・監視を強化していますが、不法投棄の撲滅には至っていません。

生活環境保全上の支障が生じ、原因者等が不明な場合には、都道府県等が代執行を行いますが、その費用は産業界と国が積み立てた基金から一部補助しています。

近年、基金残高における産業界の負担分が減少し続けていて、毎年度支援できる額が目減りしており、大きな事案が発生した場合に莫大な費用が必要となるため、基金が枯渇することが懸念されます。

補助ができずに支障除去が滞ると、環境汚染のリスクが高まり、周辺地域のコミュニティの破壊や風評被害等の社会的な影響も大きくなります。

また、不法投棄問題が解決しないと、都道府県等による流入規制強化やそれに伴う処理費用の高騰など、適正処理を進めている事業者への影響も懸念されます。環境省HPより一部抜粋

 

シオガイグループでは、SDGs取り組みの一環として

令和3年分に引き続き、令和4年度分の支障除去等に対する支援に協力させていただきました。

安心・安全な地域社会の維持、不法投棄の撲滅に向けて これからも出来る事を続けていきたいと思います。

廃棄物の処理なら、シオガイグループにお任せください!

2022.04.02

大気汚染防止法の改正【アスベスト】について

大気汚染防止法の一部を改正する法律(公布日:令和2年6月5日)をご存じですか。

建築物の解体等工事における石綿の飛散を防止するため、対策が一層強化されました。

① 全ての石綿含有建材への規制対象の拡大

② 都道府県等への事前調査結果報告の義務付け

③ 作業基準遵守の徹底のための直接罰の創設等

施行日は令和3年4月1日ですが、

事前調査結果の報告については、電子システムの構築に要する期間を踏まえ、

令和4年4月1日施行となっています。

※一定の知見を有する者による事前調査の義務付け:令和5年10月1日 施行

 

 

 

2022.02.01

(株)風見 処分業 品目追加

野田工場の固化施設設置が完了し、

1月4日に処分業の品目が追加されました!

 

◆従来の品目◆

 ・がれき類

◆追加された品目◆

 ・ガラスくず,コンクリートくず及び陶磁器くず(コンクリートくずに限る)

 ・汚泥(生コンクリート残さに限る)

 

千葉県柏市、野田市、我孫子市、流山市、

茨城県守谷市、取手市、つくばみらい市、

埼玉県越谷市、春日部市、吉川市  近辺で

処分にお困りの方は是非お声掛けください!

2021.12.10

環境省『不法投棄等の支障除去等事業に対する財政支援』

廃棄物の適正処理は、排出事業者に課された責任であり、良好な生活環境の保全や、地域循環共生圏の構築にも資するものです。

不法投棄の未然防止のために、国及び都道府県等では規制・監視を強化していますが、不法投棄の撲滅には至っていません。生活環境保全上の支障が生じ、原因者等が不明な場合には、都道府県等が代執行を行いますが、その費用は産業界と国が積み立てた基金から一部補助しています。

近年、基金残高における産業界の負担分が減少し続けていて、毎年度支援できる額が目減りしており、大きな事案が発生した場合に莫大な費用が必要となるため、基金が枯渇することが懸念されます。

補助ができずに支障除去が滞ると、環境汚染のリスクが高まり、周辺地域のコミュニティの破壊や風評被害等の社会的な影響も大きくなります。また、不法投棄問題が解決しないと、都道府県等による流入規制強化やそれに伴う処理費用の高騰など、適正処理を進めている事業者への影響も懸念されます。※環境省HPより一部抜粋

シオガイグループでは、SDGs取り組みの一環として

この支障除去等に対する支援に協力させていただきました。

安心・安全な地域社会の維持、不法投棄の撲滅に向けて これからも出来る事を続けていきたいと思います。

廃棄物の処理なら、シオガイグループにお任せください!

2021.11.04

エスジー(株)へ法人変更手続きが完了しました

クリーンテックシオガイ東京(株)八潮工場と久喜工場が

2021年11月4日より、

エスジー(株)へ法人変更になりました。

 

金属スクラップは従来通りの荷受けが可能ですが

産廃の処分や運搬に関しては、エスジー(株)としての

再契約が必要となります。

 

お客様や関係各位には、お手数をおかけいたしますが

これまでと変わらぬご愛顧を賜りますようお願い致します。

※サイト内の内容、表記は変更処理中です。しばらくお待ちください。

2021.10.28

(株)風見 千葉県収集運搬業 優良認定

5月25日に優良認定された処分業(千葉県)に続き

風見の収集運搬業許可(千葉県)が 10月28日に優良認定されました。

しつこいようですが、優良マークは安心の証です。

安心してシオガイグループにお任せください!

2021.05.28

(株)風見 処分業 優良認定

3月2日に優良認定されたクリーンテックシオガイの処分業(茨城県)に続き

風見の処分業許可(千葉県)が 5月25日に優良認定されました。

優良マークは安心の証。

ワンストップサービスであらゆるご要望に対応いたします。

安心してシオガイグループにお任せください!

 

 

2021.03.03

クリーンテックシオガイ 処分業 優良認定

クリーンテックシオガイの処分業許可(茨城県)が

3月2日に優良認定されました。

優良認定とは・・・

通常の許可基準よりも厳しい基準をクリアした優良な産業廃棄物処理業者を、

都道府県等が審査して認定する制度です。

実績と遵法性、事業の透明性、環境配慮の取り組み、財務体質の健全性などが関係します。

また、県外搬入事前協議書が適用除外として免除されるなど、

排出事業者様の手間が軽減されるメリットがあります。

そして、何といっても優良マークは安心の証。

適正に処理しますので安心してシオガイグループにお任せください!

 

 

2021.02.12

エスジー(株) 東京都 処分業 許可 取得

エスジー株式会社で東京都の処分業(中間処理)許可を取得しました。

3品目の処理が可能です。

◆受入可能品目◆

廃プラスチック類、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず

2021.01.08

(株)風見 東京都 収集運搬許可 取得

株式会社 風見で東京都の収集運搬許可を取得しました。

17品目の運搬が可能です。

◆運搬可能品目◆

燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残さ、動物系固形不要物、ゴムくず、金属くず、ガラスコンクリート・陶磁器くず、鉱さい、がれき類、ばいじん